―――

そして、準決勝が始まった

「「行け行けーーー!」」

「「守れーー!!」」

「「わぁぁぁっ!!」」

たくさんの観客が声を上げる中、柏木はぎゅっと手を握り試合を見つめていた

ガンッ!

宮澤のドリブルシュートが外れる

「くっ」

顔をゆがませる宮澤に

「リバウンドー!」

大鳥が叫ぶ

そして、スパッ!

同じ1年の佐々木がボールをとり、シュートした

「「わぁぁぁぁぁっ!!」」

観客たちは声を上げた

「ナイッシュー」

「はいっ」

コート内で大鳥と佐々木はニッと笑う

「佐江、いいからどんどん打てよ」

大鳥は宮澤の背中をたたく

「はいっ!」

宮澤は弱気な気持ちを振り払うように声を上げた

そして、試合は終盤

ピピー!

相手のファウルで宮澤にフリースローのチャンスが回ってきた

「はぁ・・・はぁ・・・」

宮澤はボールをつきながら、リングを見つめる

コートを走り回り、何度も何度もボールを投げたが、力が入ってうまく決めれないでいた

今回のフリースローもシュートが入らなかったので2回投げる

シュッ!

ガンッ!

ボールは無情にもはじかれる

「・・・」

宮澤は顔をゆがめる

「佐江、大丈夫だ!」

大鳥の声が聞こえ、ハッとした

そして、顎でくいっとメンバーがいる方を見る

「佐江ー!大丈夫だー!」

「入るよー」

皆、大声で声援を送っていた

「佐江、投げろ。絶対拾うから」

「そうそう、悩まないで投げなー」

コートに居るメンバーたちも声をかける

『チームでやってるんだ・・・って』

宮澤は大鳥の言葉を思い出す

そして、千田も力強く頷いていた

宮澤は、ふーっと息を吐き

シュッ

投げた

グルングルン

ボールはまたリングを周り

グラッ

外れたっ!

宮澤がそう思った時

ボールの下から手が伸びてきた

同じ一年の佐々木だった

がっちりとボールをつかみ

「佐江っ!もう一回投げろ」

佐々木は宮澤にボールを戻す

パンッ!

宮澤は反射的にボールを受け取り構える

「昨日の感覚!思い出して!」

どこからか、声が聞こえた

「!!」

シュッ!

ふわっ・・・

ボールは綺麗な孤を描き・・・

入る

直感的に思った

スパッ!

「「わぁぁっ!!」」

「よしっ!ナイッシュー!」

佐々木はガッツポーズをし、佐江に駆け寄る

「ありがと」

「何いっての?フォローするの当たり前でしょ?チームなんだから」

「・・・うん。そうだね。よしっ!守ろう!」

「そうそう!佐江はそれくらいがいいよ」

「え?」

「みんな、佐江が元気無くないって心配してたんだから」

「みんなが・・・?」

宮澤はコートの外を見る

「ほら、2人とも守るよー」

大鳥が声をかけ、ニッと笑った

「「はいっ!」」

宮澤たちは大鳥の方に駆け寄る



そうだ、シュート決めなきゃって・・・思ってたのって

皆と勝ちたいからだったんだ

このチームで・・・優勝したかったんだ


だめだなぁ・・・ホントに大事なこと忘れてた

宮澤は顔を上げ、手を大きくひろげ

守りに徹する

その顔に、迷いはなかった


―――

「みんなよく頑張った」

試合が終わり、会場のロビーで監督が話しをする

試合は苦しくも負けてしまった

みんな目を赤くしていたが

宮澤はしっかりと目を前を向いていた

大鳥はその表情見てフッと笑った


試合後、宮澤は学園の体育館に居た

ダムダム・・・

誰も居ない体育館にボールの音が響く

「・・・」

ボールをつくのを止め

「・・・いるんでしょ?」

宮澤は問いかける

「・・・でてきてよ」

「・・・」

「なんで、わかったの?」

体育館の中央から、柏木が姿を現した

「今日の会場で、声が聞こえたから。でも、姿が見えなくて・・・魔法使いだから姿とかけせるのかなと思って」

「・・・そっか。ばれてたんだ」

柏木はバツが悪そうに言う

柏木は姿を消し、コート近くで試合をみていたのだ

「・・・」

「・・・」

宮澤と柏木の間に沈黙がながれる

「・・・ごめんなさいっ!」

柏木は勢いよく頭を下げる

「いいよ。私もごめん・・・」

「・・・許して、くれるの?」

柏木はおそるおそる、頭を上げる

「うん・・・」

宮澤は頷いた

「キャプテンと話ししたんだね」

「うん・・・。今日、調子わるそうだったから・・・私のせいかなって・・・」

「・・・ううん。それは自分が悪いから」

「・・・私ね、ずっと風を操ることはいいことだっておもってた」

「え・・・?」

「この世界に500年くらい前からいるの」

「そっ、そんなに?」

「うん。私が来た当時は戦国時代で戦のたびに風を操って助けてたの・・・だから、それが当たり前だったし、いいことだと思ってた。戦が終わったあとも、火事のときは風を止めたり、広がらないようにしたり・・・最近だって追い風は喜ばれてたから・・・風を起こして怒られるなんて考えたことなかった」

「・・・」

「でも、それって私の考えだけだったんだよね。あなたの気持ち、考えてなくて・・・ごめんなさい」

「・・・ううん。私も・・・いきなり怒鳴ってごめん。・・・応援してくれてたんだよね」

「・・・」

柏木はこくっと頷く

その目には涙が滲んでいた

「キャプテンに言われた。一人で練習したら自分の考えに固執するって・・・私も、柏木さんの気持ち考えずに怒鳴ってごめんなさい」

「・・・」

柏木はふるふると首をふる

「うん。でも、約束して。もう、バスケの時は風をおこなさいって」

「うん、約束する。今日だって、ちゃんとなにもせずにみてたんだから」

「ありがとう。今日、シュートはいったの柏木さんのおかげだよ」

「え?」

「昨日の感覚、思い出してっていったよね」

「・・・聞こえて・・・たんだ」

柏木は苦笑いをする

「うん。おかげで、大事なことも気づけたし・・・感謝してる。試合は負けちゃったけど・・・私にとってはいい試合だったよ」

「・・・そっか。よかった」

「だからさ、契約者になるよ」

「え?」

「約束まもってくれるんだから。私も言ったことは守らないとね」

宮澤はニコッと笑う

「宮澤さん・・・ありがとう」

柏木もニコッと笑った

「「・・・」」

なんとも照れくさい空気が、二人をつつむ

そして

体育館の入り口から足音が聞こえて

宮澤は振り返る

「あれ、佐江?」

「何?佐江も来てたの?」

「え・・・みんな?」

1年生部員がわらわらとやってきた

「今日の試合くやしくてさ。自主連するっていったらみんなついてきちゃった」

佐々木は笑う

「私らだって負けてらんないからさー」

「そう思ってたら、佐江の方が先にいるんだもん。ビックリしたよ」

「抜け駆けなんてずるいよー」

「そうそう、相手要るでしょー?」

みんなニッと笑う

「ありがと」

宮澤も笑った

「さ、練習練習」

部員たちはコートの端に荷物を置きだす

宮澤はハッとして振り返ると、すでに柏木の姿はなかった

「よかったね」

耳元で声が聞こえた

柏木はとっさに姿を消していたのだ

「・・・ちょっと、残念だけど」

「え?」

「ううん。あ、あの契約者になる方法・・・あとで教えるね。じゃあね」

ふわっ

柔らかな風が吹き

宮澤の前髪を揺らした

宮澤は目を閉じ

その風を感じる

「何してんの?」

佐々木が不思議そうに問いかけた

「いや・・・いい風だなって思って」

「風?体育館で?」

「いいの。さっ、練習練習」

宮澤はニッと笑った

――――


そして、篠田と宮澤は生徒会長に立候補した

篠田は、あの一件から眼鏡もコンタクトに変え、根暗なイメージを変えるために同級生に話しかけるようになった

何があったのかとクラスの人たちは驚いていたが

男子からは黒縁眼鏡女子は実は美人だったというアニメの様な展開に一気に人気が高まった

そして、生徒会長立候補演説で緊張して博多弁が出たことも幸いし

男子からの投票獲得数No.1となり

篠田はこの年見事、生徒会長になったのであった

一方、宮澤は元々イケメン女子とて同級生から絶大な人気があった

そして、演説場所が体育館であることを利用して

ドリブルシュートを決め

先輩達のハートも鷲掴みにしたのだった

そして、女子からの獲得票数No.1となり

副会長に任命された

前田も、乗り気ではなかったのだが

この学園のために何かをしたいという思いが話しているうちに強まり

最後は泣いてしまっていた

その様子に胸を打たれた生徒たちから投票され

無事、書記として落ち着いたのだった